こちらは個人情報保護法の知識とその対策を、個人事業主・中小企業の方に簡単に理解していただくためのサイトです。個人情報保護法対策ポータル〜個人事業主・中小事業主が知っておきたい知識と対策

トップ基礎知識対策の基礎業種別対策小冊子よくある質問メール相談認証制度無料診断リンク集
トップ

■個人情報保護法の基礎知識

←BACK:「個人情報って何?」

個人情報保護についてどんなルールができた? 

個人情報の定義の幅が広くても、それ自身は特に問題でもありません。むしろ、それに対してどういう義務ができたのか、ということの方が重要なポイントです。これは法律の事業者向けの各条文の前に示されていますので、抜き出してみましょう。

・利用目的の特定・制限
・適正な取得・取得に際しての利用目的の通知
・データ内容の正確性の確保
・安全管理措置
・従業者・委託先の監督
・第三者提供の制限
・保有個人データに関する事項の公表・開示・訂正・利用停止・理由の説明

簡単にいうと、きちんと目的をはっきりさせて、正当な方法で収集し、正確に保管し、安全に管理し、本人から内容の確認や訂正や削除を求められたら応じなさいよ、ということが、事業者に求められています。

これまで、個人情報については、その情報は誰のものなのか、ということが問題になってきました。この法律では、情報を与えたり変更したりする権利がその個人情報が指し示している本人にあり、それを預かっている業者は個人の申し出に従う義務がある、ということを定めているのです。

当たり前といえば当たり前のことです。ですので、このルールについてはそんなに重く考える必要はありません。

→NEXT:「漏れてしまった個人情報はどう悪用される?」



■このサイトのプライバシーポリシー

■個人情報保護の基礎知識

個人情報保護法って何の法律?
個人情報って何?
どんなルールができた?
個人情報はどう悪用される?
対策をするとどうなる?しないと?

究極の対策は?

■個人情報保護法対策の基礎

では、具体的な対策の手順は?
対策その1:社内体制の確立
対策その2:社内ルールの策定
対策その3:社外ルールの策定
対策その4:物理的・技術的対策
対策その5:個人情報漏洩保険

■業種別対策

一般の事業者
紹介・派遣業
福祉・介護
病院・診療所・研究施設
学校・塾・予備校

■個人情報保護法対策小冊子

■よくある質問(FAQ)

個人情報保護法で何がかわる?
個人情報ってなんだろう?
誰が何をしなければならないの?
守るだけで良いの?
認証制度の役割は?

■メール相談

■認証制度

無料リスクアセスメント

■リンク集

■運営者紹介

トップ > 個人情報保護の基礎知識 > 個人情報保護についてどんなルールができた?
トップ基礎知識対策の基礎業種別対策小冊子よくある質問メール相談認証制度無料診断リンク集
Copyright 2005 個人情報保護法対策ポータル All Right Reserved. 監修:戦略法務研究会 運営:bizknowledge