こちらは個人情報保護法の知識とその対策を、個人事業主・中小企業の方に簡単に理解していただくためのサイトです。個人情報保護法対策ポータル〜個人事業主・中小事業主が知っておきたい知識と対策

トップ基礎知識対策の基礎業種別対策小冊子よくある質問メール相談認証制度無料診断リンク集
トップ > よくある質問(FAQ)

■よくある質問(FAQ)

よくある質問をまとめています。コンテンツは随時、追加して参ります

1.個人情報保護法で何がかわるか?

Q ダイレクトメールが出来なくなるのでしょうか?

Q 既存顧客にパンフレットやアンケート等を送ることは法律違反になりますか?

Q 交流会などで交換した名刺の先に、DMを送ったり電話営業をするのは問題になりますか?


Q 住民台帳の閲覧により取得した住所録を使ってチラシの配布をしていますが、今後このような行為は違法となりますでしょうか?


Q 個人情報保護法が施行された場合、新規に名簿を入手した場合の問題点と対応策をお教え下さい。


Q 親会社が持っている顧客データを借りてDMを送りたいのですが

Q 顧客情報(名前・住所・名前)を基に、毎年お中元・お歳暮・年賀状をお出ししていますが、それは違法となるのでしょうか?


Q 罰則について、どのくらい気にする必要がありますか?

2.個人情報ってなんだろう?

Q 個人情報保護法の「個人情報」の定義について教えていただきたいのですが

Q メールアドレスは個人情報ですか?


Q 名刺は個人情報ですか?


Q 防犯カメラの映像は個人情報ですか?


Q 配送業者に渡すラベルの住所や氏名は個人情報ですか?


Q インターネット上の情報は個人情報ですか?


Q 従業員の情報は個人情報ですか?


Q 個人情報を事業の目的として取扱うのではなく、従業員の名簿として管理しているデータも、取り扱い事業者になるのでしょうか?


Q 過去6ケ月とは、その期間に退職した者の情報が残っていたら数に含めるのでしょうか?


Q 過去6ケ月にあった情報でも、現在削除されていれば除外されるのでしょうか?


Q 取引業者の住所録に記載された取引業者数も個人情報の数に含めるのでしょうか?


Q この法律の趣旨は「個人情報の保護」となっていますが、「法人情報」は適用外なのでしょうか?


Q 現在、防犯カメラを設置しています。経済産業省のガイドラインでは、「個人情報保護法における個人情報について、防犯カメラに記録された情報等本人が識別できる映像も含まれる」とのことですが、どのように対処すれば良いのでしょうか?


Q 個人情報の洗い出しの具体的な方法があれば教えて下さい。

Q 「個人データ」と「保有個人データ」の区別方法は?


Q 経済産業省ガイドラインの (2)個人情報データベース等の部分の「【該当する事例】に某企業で市販しております会社職員録は当てはまるのでしょうか? 電話帳や、カーナビ等のデータは含まれないとありますが、違いがよくわかりません。


Q 本社・支店A・支店Bがそれぞれの個人情報を共有していない場合、本社で管理できる個人情報が3000人分しかない場合は個人情報保護法の対象となるのでしょうか?

3.個人情報保護法で、誰が何をしなければならないの?

Q 私の会社では個人データを基に電話営業を行っているのですが、問題ありますか? 個人宅にFAX-DMを送ることも駄目でしょうか。

Q 不採用者の雇用面接時の履歴書は個人情報だと思うのですが、どのように取り扱えばよいでしょうか?

Q 面接で不採用になった学生の個人情報ですが、再応募も多く、過去の応募者の情報は必要と考えています。問題ありますか?

Q 給与振込の場合、従業員個人の口座名や口座番号等を金融機関へ渡しますが、それらについても社員規定等に明記し、社員の同意を求めなくてはいけないのでしょうか? また、各金融機関に対しても委託契約が必要なのでしょうか?

Q 宅配業者や銀行・郵便局は安全管理措置を含めた契約に応じてくれるのでしょうか?

Q 退職者の持っている個人情報について、気をつけるポイントがあれば教えてください。

Q インターネットのホームページに載っている情報は、取得してDM送付やアンケート送付等に利用してもいいのでしょうか?

Q 営業先で頂いた名刺の管理はどうすべきでしょうか?

Q 合計が過去六ヶ月以内いずれの日においても五千を超えない者(適用除外)であると仮定して、保持しているデータを漏洩した場合、会社は処罰(刑事、民事)の対象になるのでしょうか?

Q 各使用目的別に応じて、データべース・仕様が異なり、個々には、5000件を越えないですが、トータルすると5000件を越える場合も対象になりますでしょうか?

Q 当社は、会員カードによる個人情報があるのですが、5000人以下であるので対策はなにもしなくてもよいのでしょうか?

Q Web・名簿・看板などより収集した情報も、個人情報の管理対象になるのでしょうか?

Q データベースが海外にある場合は、対象外でいいのでしょうか?

Q 普段あまり使用しない個人情報データをはメディアに保存し、金庫に保存して、必要な時だけ、使用する場合は、どうなるのでしょうか?

Q 展示会上でカタログをもらうために名刺を渡さなければならないというような時、名刺の情報をカタログを送付してもらう以外に利用された場合、利用した企業は個人情報保護法に違反するのでしょうか?

Q お客様から「個人情報を保持しているサーバーは何処にあるのですか?」と質問があった場合、どのような回答をすれば宜しいのでしょうか?

Q 仕事上でもらった名刺を個人の手帳のアドレス帳に整理記入、または個人のPDAのアドレス帳に自分で入力した個人データ等は今回の保護法の対象になるのでしょうか?

Q ポイントカードを発行しています。個人情報を記載する欄があると使えないのでしょうか?

Q 個人情報をきちんと管理するコストを考えますと、全て下請け会社である委託先に管理を丸投げし、たとえ当社から漏れても何があっても委託先の責任になる、といったような強い条項を盛り込んだ契約書を締結しました。この契約があれば、万が一、下請け会社から個人情報が漏れたとしても安心でしょうか。

4.個人情報保護法を守るだけで良いのだろうか?

Q 個人情報保護法対策なんて余計なコストだと思うのですが、それでも対応しなくてはいけないのですか?

5.認証制度の役割は?

Q 個人情報保護ってプライバシーマークのことですか?

Q プライバシーマーク取得申請中にホームページでマークを使用してよいのでしょうか?



■このサイトのプライバシーポリシー

■個人情報保護の基礎知識

個人情報保護法って何の法律?
個人情報って何?
どんなルールができた?
個人情報はどう悪用される?
対策をするとどうなる?しないと?

究極の対策は?

■個人情報保護法対策の基礎

では、具体的な対策の手順は?
対策その1:社内体制の確立
対策その2:社内ルールの策定
対策その3:社外ルールの策定
対策その4:物理的・技術的対策
対策その5:個人情報漏洩保険

■業種別対策

一般の事業者
紹介・派遣業
福祉・介護
病院・診療所・研究施設
学校・塾・予備校

■個人情報保護法対策小冊子

■よくある質問(FAQ)

個人情報保護法で何がかわる?
個人情報ってなんだろう?
誰が何をしなければならないの?
守るだけで良いの?
認証制度の役割は?

■メール相談

■認証制度

無料リスクアセスメント

■リンク集

■運営者紹介

トップ > よくある質問(FAQ)
トップ基礎知識対策の基礎業種別対策小冊子よくある質問メール相談認証制度無料診断リンク集
Copyright 2005 個人情報保護法対策ポータル All Right Reserved. 監修:戦略法務研究会 運営:bizknowledge